田園風景が広がる昭和レトロな田舎町で、全ての工程を完全手作りで餃子を作っています。
一度にまとめて1万円以上のご購入で
送料無料
(北海道・沖縄・離島を除く)

Blog

2018/05/30 21:49



完全手作り浜松の餃子屋さん。

「美味しい餃子をより多くの方に食べてほしい」その一心で望んだ、2017年11月〜12月に行ったクラウドファンディングにて、110名の支援者を達成。

その後、この餃子を日本だけではなく、「世界中の人たちに届ける」というビジョンを掲げ、静岡を拠点に新ブランドとして独立し、夢はでっかく新たなスタートを切る。




私たちが手作りするものは、「全国、世界中に笑顔を届けられる」という信念を持っています。

私たちは、誰もが簡単に手に入れることができ、味わえる、「特別な至福と食の贅沢」をお届けしてまいります。

それは、誰かにシェアしたくなるような、誰かと一緒に食べたくなるような、つい笑みがこぼれてしまうほど美味の、伝統あるこだわりの手作り餃子です。



 

はじめまして。
GYOZABOY店主の疋田洋介(ひきた ようすけ)と申します^^



生年月日 1984年1月19日 血液型 O型 趣味 筋トレ 好きな食べ物 餃子・甘いもの。

幼少期は引きこもりでしたが、その反動で学生時代、某有名体育大学にて部活動でインカレ優勝するほどスポーツに励んでいました。

GYOZABOYを通して関わってくれた全てのお客様を笑顔にしたいと思っております。 私の作った餃子を食べてくれた人を「幸せな気持ち」に出来たら最高に嬉しいです ^ ^



◆ 亡き父が試行錯誤し作り上げた味と母が練り上げた技術



GYOZABOYの餃子は、不慮の事故で無くなってしまった私の父が30年近く前に考えた特別なレシピとなります。



父は和食の板前でありながら、過去ホテルのフランス料理や中華料理の調理経験もあった父の舌は繊細で、食べた物に何が入っているか、どんな調味料を使っているか、その全てを当てる事ができるほどの舌の持ち主でした。

そんな父が自信を持って生み出したこの餃子の味は、今まで食べた餃子とは一味も二味も違うものでした。

そしてその餃子を素早く正確に包む技術は、母から教わりました。1時間に約1000個を正確かつ均等に包む技術は、コツと経験が成せる技です。






◆ 何故、GYOZABOYという新ブランドとしてなのか?

数年前にこの餃子の味で成功している母親のお店があります。このお店を引継ぐ事も考えましたが . . .

常連のお客様は現在の母の店の雰囲気や母の人柄が好きで来店して下さっているのに、私どもが介入してしまう事で全く別のお店になってしまい、常連のお客様をガッカリさせてしまうと思ったからです。

これからの挑戦を考えた時に、新しくブランドを立ち上げる以外の方法はないと思いました。

餃子の作り方をゼロから修行し、誰もに美味しいと言っていただける父が残してくれた味を再現性100%で作ることができるまでになりました。

この味をより多くの方に食べていただくために、先ずはオンラインショップ(通販)の無店舗経営を始め、本当の0からスタートとして挑戦していく決意にございます。






◆ 何故、この餃子を世に広めようとしているのか?

一言でお伝えするなら、私自身この餃子が大好きで、世界一の大ファンだからです。

ただただ純粋に、「この美味しい餃子を多くの人達に食べていただきたい」と思っています。多くの方に食べてもらうためにも、様々な挑戦をしていく想いです。

浜松は、餃子の街として有名になりました。私はこの味は餃子通である浜松市民に通用する味だと思っております。

浜松市民に通用する餃子 = 世界でも通用する味

私は、この餃子は世界中の人達に笑顔を届けられるという信念を胸に、GYOZABOYを立ち上げました。






◆ 何故今の時期になって広めることを決意したのか?

私達の人生、いつ何が起きるかわかりません。朝行ってらっしゃいを言った相手が夕方には冷たくなってベットに横たわってる事もありますし、それが自分かもしれません。

「自分の人生に後悔の無いように生きたい!今やらなきゃ明日は無いかも知れないんだぞ、お前のやりたい事は何だ!?」

そう思った時、「この唯一無二の餃子を広めたい、親父の味を知ってほしい、ココで途絶えさせられない」という想いが芽生えたことがきっかけです。






◆ GYOZABOYの手作り餃子は唯一無二の味

『餃子』と聞いてあなたはどう思いますか?もしかすると、特別な食べ物と思う方は少ないかもしれません。

なぜなら、日本人にとって餃子は一般的な食べ物であり、スーパーでは当たり前のように購入することができて、居酒屋や中華料理を扱う料理屋さんには当たり前のようにメニューに存在するからです。



ほとんどの人がなんとなく味を思い出せるのではないでしょうか。なので、ほとんどの方は餃子を【特別な食べ物】とは思わないのだと思います。

過度な表現と言われてしまいそうですが、、この餃子は嘘でもなくオーバーでもなく、世に知られていないことがちょっと腹たつくらい美味でございます。私たちの餃子は、それくらいの自信がございます。






◆ 餃子を通じて世界中の人々に笑顔を届けたい

この餃子の味は父が生み出して25年以上。その父が他界し、母がこの味を引き継ぎ約8年が経ちました。今では根強いファンの方々に支えられて本当に感謝しております。

この餃子を世界で1番美味しい餃子にし、今までお世話になった方達に大きな恩返しをしていきたいと思っております。



餃子といえば、『GYOZABOYの餃子』と世界中の人達に言っていただけるよう日々精進してまいります。

私どもの餃子を体験して頂き、"餃子" をさらに好きになるきっかけをご提供できたら、これほどになく最高に嬉しく思います。^^


多忙な中で日々の献立に悩む家族思いのお母さん、晩酌をこよなく愛すいつもお仕事を頑張ってるお父さん、

ぜひこの機会に、25年以上の伝統を誇るGYOZABOYの手作り餃子をご賞味ください。

お酒のあてにもご飯のお供にも最高に合いますよ(^ ^)


〒435-0006 静岡県浜松市東区下石田町1123
E-mail:inquiry.b@gyozaboy.jp